\4キャンペーン同時開催中/


こんにちは、よっしゃらまるです。
ブログ訪問、ありがとうございます!


ウェルスナビのデタックス機能って何?

それから、公式サイトには「投資効率向上が期待できる」って書いてあるけど、一体どのくらいの効果が期待できるの?

今回はこのような疑問に回答しましょう!

ウェルスナビの公式サイトには、確かにデタックスの機能に関する説明はあるのですが、効果のほどについては全く言及されていないため、正直よく分かりません。

そこで、今回はデタックスの機能とともに、デタックスの効果が具体的にどの程度のものなのかについて解説していきたいと思います。












ウェルスナビのデタックス(自動税金最適化)機能とは



no-img2″>
 <figcaption  class= ポーク

ウェルスナビのデタックス機能って何よ?

no-img2″>
 <figcaption  class= よっしゃらまる

ウェルスナビの公式サイトにある説明を見てみよう!


ウェルスナビの公式サイトには、次のような説明書きがあります。



お客様の「譲渡益に対する税負担」を自動的に最適化する機能が「DeTAX」。

分配金の受け取りやリバランスなどにより生じる税負担が一定額を超えた場合、お客様のポートフォリオ組入銘柄が抱える含み損を実現することで、翌年以降に繰り延べます。

繰り延べがなかった場合より運用できる金額が増えるため、投資効率向上が期待できます。

ウェルスナビ より引用

リバランスなどにより利益が発生すると、その利益に対して通常だと税金が発生します。

そこで、税金を繰り延べるために、含み損を抱えている銘柄の一部を売ってしますわけですね。

そうすることで、利益を含み損で打ち消して、税金を極力発生させないような仕組みを採用しているんです。


no-img2″>
 <figcaption  class= よっしゃらまる

ちなみに、含み損を確定させた(売却した)銘柄については、0.1秒後に再度買付を行ってポートフォリオを元に戻すんだ!


no-img2″>
 <figcaption  class= ポーク

0.1秒!?

とても人間にはできない芸当だね。当然ブタにもね!







ウェルスナビの公式サイトには、デタックスの具体的な効果については明記されていない


デタックスの機能については十分理解していただけたかと思います。

しかし、デタックスの具体的な効果については、公式サイトに何ら参考になるような記載はありません。



no-img2″>
 <figcaption  class= ポーク

確かにね。

この説明だけじゃあ、デタックスの機能については理解できても、具体的にどれだけ効果を発揮するかまでは分からんね。

no-img2″>
 <figcaption  class= よっしゃらまる

デタックスの具体的な効果については、柴山CEOが言及しているインタビューがあるんでそっちを見てみよう!









ウェルスナビの柴山CEO「デタックスの機能により年間0.4%~0.6%の負担減」


実は、デタックスの具体的な効果については、SBI証券のインタビューの中で柴山CEOが次のように述べています。



「WealthNavi(ウェルスナビ)」の運用手数料は1%ですが、多くの場合、「DeTAX」(デタックス)の機能により年間0.4~0.6%程度の負担減となるため、事実上のコストはそれよりも少ないものになるでしょう。


柴山CEOの口からはっきりと、「デタックスの機能により、年間0.4~0.6%程度の負担減」になると説明されています。

ということは、ウェルスナビの手数料1%は、実質的には0.4~0.6%になるということが言えますね。

しかし、今度はこの「0.4~0.6%」という数字の根拠がどこにも載ってないではありませんか!

CEOが言っているからといって、そうやすやすと「あーそうなんですね」と納得はできません。

何か数字の根拠があるはず・・・。







「0.4~0.6%負担減」の根拠がどこにも載っていないのでウェルスナビに問い合わせしてみた


ということで、数字の根拠が確認できるものを見つけることができなかったので、ウェルスナビに直接問い合わせをしてみました。



ウェルスナビへの問い合わせ内容


まずは、私の質問から。

bcdb





ウェルスナビからの回答


この質問に対する、ウェルスナビの回答が次のとおりです。

qqq


no-img2″>
 <figcaption  class= ポーク
なるほど!

過去の統計から、年間の分配金+売却益が資産の2~3%になると予想しているんだね。

no-img2″>
 <figcaption  class= よっしゃらまる

そういうことみたいだね!



2~3%の利益に対してかかる税金は、全体資産の0.4~0.6%に相当するということです。

なるほど、これでやっと納得です!

(ウェルスナビの回答は丁寧で非常に分かりやすいものでした。ありがとうございました)







ウェルスナビのデタックス機能は「年率0.4~0.6%の負担減」?|まとめ


ということで、大事な点をもう一度おさらいしておきましょう。
デタックス(自動税金最適化)とは
  • 分配金の受け取りや、リバランスなどにより生じる税負担を、ポートフォリオ組入銘柄が抱える含み損を実現することで、翌年以降に繰り延べる機能。 
デタックス(自動税金最適化)の効果
  • 年間0.4~0.6%程度の負担減

ウェルスナビの手数料は1%ですが、0.4~0.6%の負担減を考えれば、実質的な手数料は0.4~0.6となります。

これは、同じ運用一任型のロボアドバイザーと比較すると、極めて低い水準です。


aaa


ということで、手数料の観点から言ってもウェルスナビはおすすめです!



なお、ウェルスナビでは現在4つのキャンペーンが同時開催中です。

4つものキャンペーンが同時に開催されるのは今回が初めてですので、ぜひこの機会を利用して少しでもお得に口座開設をしましょう!



  \4キャンペーン同時開催中/